生徒作品(2017.12.10)

 

 

 

 

(Y.K.さん)

 

カリキュラム自由制作。犬好きによる戌年の絵は、やはり愛情がにじみ出ています。色合いもコントラストがうまくまとまって、目に鮮やかな春の明るさが感じられる快い作品になりました。春が待ちどうしくなりますね。

 

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラム彫り進み木版画で制作。サンタクロースのルーツの一説を描かれました。彫り進み木版画の良いところは、色を重ねせざるをえないところ。色の重なりによって今まで想像したことのなかった色彩表現にお足を踏み入れることができました。モチーフのストーリーに導かれて、鈍い色合いに初挑戦できたのも、良い経験になりました。

 

 

 

山荘日記 - -


生徒作品(2017.12.3)

 

 

 

 

(E.H.さん)

 

カリキュラム自由制作。時々見かける近所の犬を描かれました。もうそれだけでちょっとクスッと笑えますし、顔もいい。地面の黄色と青緑を重ねた色彩表現が、絵に質感やインパクトを与えていると思います。

 

 

 

 

(M.M.さん)

 

カリキュラム自由制作。早くも年賀状を完成されていました。色の組み合わせや重ね方を色々と工夫されていました。今の気分を絵にできるのは楽しいことです。新年にみなさんに楽しんでもらえるといいですね。

 

 

 

 

(R.M.さん)

 

カリキュラムて麋任農作。一版で成り立つ絵に、部分的に二版で色を摺り重ねて作られました。夢で見た街がモチーフとのこと。空想的な絵は、色によって絵の印象ががらりと変わります。他にも異なる色や摺り方を試してみるといいなと思いました。

 

山荘日記 - -


生徒作品(2017.11.10)

 

 

 

 

(I.K.さん)

 

カリキュラム0貳蚤真Ю△蠅農作。飛行機からの眺望は日常から離れてワクワクしますね。そんな浮遊感の感じられるいい絵だなと思います。一版多色摺りでは細かく色を塗り分けるのが難しいのですが、一つずつ丁寧に仕上げ、空のグラデーションや雲の表現にも挑戦されていました。

 

 

(K.K.さん)

 

カリキュラム0貳蚤真Ю△蠅農作。明石海峡の景色と愛猫を描かれました。砂浜のゴマ摺りや波・雲の彫り跡、ぼかし、2色の重ね摺りなど、いろいろと新しい工夫をされていました。青とベージュの階調が美しい絵になりました。

 

 

 

 

(A.H.さん)

 

カリキュラムて麋任良集修農作。背景とモチーフで班を分けました。細かい穂先の彫りが難関でしたが、彫るのも楽しんで作られていました。渋みのある色やかすかなハイライトが絵によく合っています。

 

 

 

 

(M.Y. さん)

 

カリキュラムゼ臠破,農作。線のインパクトのある絵になりました。塔の彫りがとっても細かったです。各版の色を摺り重ねて、山の緑色のバリエーションを出しました。

 

 

 

 

(Y.I.さん)

 

カリキュラムゼ臠破,農作。空のパステルカラーに山の赤と緑が意外な組み合わせで、不思議な景色を見ているような驚きがあります。主版法の仕組みを知るのにも良い機会になったと思います。

 

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラムδΔ蠕廚髪影表現で制作。八重の椿を描かれました。花や葉っぱの細かな陰影の連続をグラデーションや彫り跡でどう一体化させるか、たくさん摺って試されました。重なる色がどんな色になるのか、なかなか想像しにくいものですが、一つずつ気になる点をクリアしながらここまで到達されました。

 

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラムδΔ蠕廚髪影表現で制作。ほおずきと木彫りの手を組み合わせられました。いつも線画を描がかれるのですが、モチーフを色面で捉えて見て描く、といういつもと違った方法で描くのに苦労されていました。明度の異なる色を重ねて摺るとどういう表現になるのか、良い経験になったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

体験教室での作品4点です。一版多色摺りで小さな作品を作られました。グラデーションやぼかしの表現など、最後にはそれぞれがやりたいように工夫されて作られていました。

 

 

 

山荘日記 - -


生徒作品(2017.9.11)

 

 

 

(A.S.さん)

 

カリキュラムゼ臠破,農作。好きな落語の演目を絵にされたそうです。版数が多い分、彫りはもちろんのこと、色の組み合わせを考えるのにもじっくり時間をかけました。納得のいく作品に着地するまで取り組んで、最後に今まで作ったことのないものに出会えたことは、自信になりますね。得たものが次作に繋がるのも楽しみです。

 

 

山荘日記 - -


生徒作品(2017.8.27)

 

 

 

 

(S.K.さん)

 

カリキュラムて麋任農作。青+黄=緑、ピンク+黄=赤というように、二版に分けた色を摺り重ねて色彩表現されました。水加減を利用したにじみで、果物のみずみずしい感じを出しました。

 

 

 

山荘日記 - -


生徒作品(2016.8.20)

 

 

 

 

(M.M.さん)

 

カリキュラム自由制作で制作。様々なオーロラの写真を参考にして、色や形を工夫されていました。透ける表現は絵の具のさじ加減が肝心なので、絵を見ながらどの部分にどれくらい絵の具が必要かを一点一点考えながら制作されていました。写真では見えにくいですが、上の方に入れた赤い色が暗闇と馴染んで、深い夜空に溶け込んでいく様子が美しかったです。

 

 

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラムCMYKで制作。神戸人形という黒い郷土玩具のようにお父さんの姿を描かれました。CMYKの原色と絵がぴったりはまってます。酔っぱらったお父さんにスポットライトが当たるサイケな劇場…。時間をかけてこんなプレゼントを作る娘の親孝行と言ったら。つくづくええ生徒さんに恵まれた教室やなと思います。

 

 

 

山荘日記 - -


生徒作品(2017.8.13)

 

 

 

 

(T.Y.さん)

 

カリキュラムて麋任農作。彫刻刀の彫り跡で雪を描き、雪景色に浮かぶ灯りの雰囲気を大切にされていました。彫ったところがどんな雪の表現になるのか、彫っている時に想像するのは難しいものですが、摺ってみるとこんな風になるのかと楽しまれていました。

 

 

 

 

(Y.K.さん)

 

カリキュラム自由制作で制作。夏の図柄とこけしを組み合わせました。無風の蚊取り線香が、暑くてのんびりした夏を表しているような。赤とんぼも夏の終わりにぴったりです。

 

 

 

 

 

(I.K.さん)

 

カリキュラム白と黒の表現で制作。旅の光景をスケッチするのが楽しみだそうで、スケッチをもとに制作されました。街角のネクタイ屋の、ネクタイ型の大きな看板が面白かったそうです。旅の光景を絵にするのは、旅を二度楽しめていいですね。私も旅好きなので、見ていて楽しいです。白と黒のコントラストをよく考えて制作されていました。

 

 

 

 

 

(K.K.さん)

 

カリキュラム白と黒の表現で制作。童話の挿絵にでも出てきそうなユーモアのある絵になりました。フルートなどの細かい彫りも頑張って、彫るところ、彫らないところをバランスよく考えて作られていました。

 

 

 

 

 

(R.M.さん)

 

カリキュラム白と黒の表現で制作。夜空がキラキラと幻想的になりました。どの部分に黒の濃淡を入れるかで、雰囲気が変わります。雲の彫り跡やうっすらと見える木目も、フォークロア調の雰囲気を醸し出していて、絵に合っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

7月30日(日)の体験教室での作品です。夏真っ只中、涼しげな作品が出来上がりました。体験教室ではハガキサイズの一版多色摺り木版画を6枚制作します。次回の体験教室は9月18日(月祝)。お申し込み受付中です。

 

 

山荘日記 - -


生徒作品(2017.7.22)

 

 

 

(E.H.さん)

 

カリキュラム自由制作で制作されました。写真では小さくて見えにくいですが、細かい字が所々に描かれています。版数が多い分、カラフルなビヤガーデンになりました。ゴマ摺り、ベタ摺り、ぼかしなど、摺りの工夫もされていました。梅雨も明けて夏本番、夕方にゆっくり涼みに行きたくなりました。

 

 

山荘日記 - -


グループワークショップを行いました

 

 

 

 

 

大阪大学のゼミ仲間の皆さんがグループワークショップを受けに来てくださいました。体験教室の内容を応用して、皆さんで木版画を合作されました。ひとり一文字をデザインして、皆さんの文字を組み合わせて「日本学」を数パターン制作。毎回色合いを変化させて、組み合わせを楽しまれていました。

空中山荘では、3〜5名程度のグループワークショップも受け入れています。グループで木版画制作されてみたい方は、メールでお問い合わせください。

 

 

 

山荘日記 - -


生徒作品(2017.7.9)

 

 

 

 

(A. H.さん)

 

カリキュラム0貳蚤真Ю△蠅農作。ベタ摺り、ゴマ摺り、にじみなどの摺り方を試しながら、色あいを思考錯誤して制作されました。熟考した分、絵と色がしっくりとまとまって、納得の着地ができたと思います。摺り重ねた青で配色にリズムが生まれました。

山荘日記 - -
| 1/15 | >>