生徒作品(2017.5.30)

 

 

青森と大阪を行き来しているうちにいつの間にやら春が過ぎ、毎日暑くなってきました。さて、しばらくサボっていました生徒の皆さんの作品紹介です。楽しみにしてくださっているみなさん、大変お待たせしました。教室にご興味があって見てくださっているみなさん、次回の体験教室は7月30日(日)です。お申込みお待ちしています。

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラム5 主版法で制作。細かい主版彫りと絵の面白さに生徒の皆さんが大注目していた作品、満を持して完成しました!網タイツ、根気よく彫りました。なぜ魚なのか、ウサギの耳が折れてるとか、だるまとか…。よく見ると尋ねてみたくなる細部が満載です。アングラ演劇のポスターのルーツは浮世絵のような木版画にあるのかな、とさえ思えてきますね。グラデーションもよく効いています。

 

 

 

 

(A.H.さん)

 

カリキュラム2 白と黒の表現で制作。夜の雰囲気を大切にしつつ、木版画独特のゴマ摺りやかすれを生かして色々と摺り試しました。自作の一版多色摺りにどうつながるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

(Y.K.さん)

 

カリキュラム10 自由制作で制作。いつも季節の絵を楽しんで描かれています。配色や色合いの工夫が上達された作品になったと思います。人に差し上げる楽しみも増えて、何よりです。

 

 

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラム4 二版で制作。黄色と水色の二版を摺り重ねて緑を表現するのに挑戦しました。色の濃淡やコントラストの調節など、こまごまとバランスを取るのが難しかったと思いますが、ひとつひとつ課題をクリアして、最終的には細やかな工夫の効いた絵が出来上がりました。

 

 

 

 

 

(Y.O.さん)

 

カリキュラム7 彫り跡と陰影表現で制作。日頃グラフィックやパターンを描くことが多い方ですが、スケッチを元にした木版画作りに挑戦しました。色を明・中・暗の3版に分ける作業は、使い慣れたフォトショップのレイヤーで考える方がやりやすかった様子。要するに、同じことをアナログの木版画でやっているわけです。

 

 

 

 

 

(S.K.さん)

 

カリキュラム3 一版多色摺りで制作。1版でも色を摺り重ねることができる、良い作例になりました。部分的に彫り進んだっけ?思い出せないけど多分…。摺りの実験を繰り返す根気良さが絵を豊かにしています。

 

 

 

 

体験教室で制作。こちらで用意した下絵を使って、2色のグラデーションで摺ってみました。

 

 

 

山荘日記 - -
<< NEW | TOP | OLD>>