教室展レポート

 

 

 

 

ずいぶん遅くなってしまいましたが、11月に開催した教室展の報告です。今回の教室展は一つの集大成となったので、少し長く書いてみます。

 

2年ぶりとなった今回の教室展は、教室の皆さんと8ヶ月間ミーティングを重ね、全員のアイデアを出し合って作り上げました。例年の倍の作品数で、小冊子、作品集、グッズも全員で手作りし、今の空中山荘でできる一番いいものができあがったと思います。

 

教室の皆さんは、コツコツと木版画を作る時間を楽しみに来ている方が多く、人に作品を見てもらったり展覧会を自分で作るなんて想像もしてなかったという方がほとんどです。空中山荘の良いところは、皆さんが自分の描きたいものと向き合って、丁寧に作品づくりに取り組める点ですが、完成した作品をどのように生かしていくかは、個々のアイデア次第です。また、そうやって大切に扱うことで作品は育ち、次の目標も生き生きとしたものに変わっていきます。人に作品を見てもらうことをきっかけに、自分の作品を大切にしてほしい、人に伝わる喜びを味わってほしい、展覧会がどう作られているのかを想像できる人になってほしい。そんな願いを込めて、皆さんに展覧会作りに一から携わってもらいました。

 

展覧会を作る過程では、皆さんの交流も深まり、作品集の共同制作など全体で一つの目標を持ちつつ、各々が充実した制作に取り組めたと思います。ミーティングのたびに個々のコミュニケーション力や販売スキル、デザイン、文章力などなど、社会経験豊富な皆さんのスキルが生きる場面が多々ありました。個々のスキルを生かせたことも良い展覧会になった要因の一つでしたし、何より皆さんがスキルを活かすのを楽しんでくれたことが本当に心強かったです。そんな風にそれぞれの持ち味を表現に生かしていく教室であること。実はそれが空中山荘の本質的な目標だと思っています。ワークショップの分野では、それは「エンパワーメント」という言葉で表されます。

 

教室を立ち上げた時から、空中山荘に集う人たちと対話を重ねながら何かを作り上げることができれば、という目標がありました。木版画を作る技術を身につけてもらいながら、少しずつそんな教室に近づけるよう試行錯誤を繰り返し、私の不器用さもあって、今回の展覧会のような理想的な形にたどり着くのに8年もかかりました。

 

何かを作るということは、簡単なことではありません。例えば彫刻刀の持ち方ひとつをとってもいろいろあるのです。作ることは知ることと同じで、一つのものを作るあいだに人が学べることは無尽蔵です。空中山荘は、そういう気づきの入り口となればと思い、木版画教室を営んでいます。作ることから得た気づきと持ち味が混ざり合い、いつか皆さんのオリジナリティーとなって作品に表れてくることを願っています。

 

山荘日記 - -
<< NEW | TOP | OLD>>